品牌价值超百亿美元 兴业银行跃居「全球银行品牌500强」第21位

HONG KONG, Feb 9, 2017 – (亚太商讯) – 兴业银行股份有限公司(「兴业银行」或「本公司」;股份代号:601166.SH)欣然宣布,国际权威媒体- 英国《银行家》杂志联合世界知名品牌评估机构Brand Finance发布「2017全球银行品牌500强」排行榜中,兴业银行以105.67亿美元的品牌价值排名第21位,较去年大幅上升15位。此次排行榜中共有11家中国银行进入前50强,而上榜的中资银行品牌价值总计达2,580亿美元,约占500强银行品牌总价值的近四分之一,首次超过美国,成为全球领军者。从品牌价值的增长速度上看,今年中国银行业上榜银行以25%的增速超过了美国银行业7%的增速,其中兴业银行品牌价值增长41.12亿元,增速高达63.70%。品牌价值的迅速增长与兴业银行在经济新常态下持续深化转型创新、坚持进行差异化经营和品牌建设及平稳健康地发展各项业务等原因密不可分。截至2016年三季度末,兴业银行总资产达5.82万亿元人民币,较年初增长9.78%,居国内股份制银行之首;实现净利润439.82亿元人民币,同比增长6.70%,居同类型银行第二位;不良贷款率1.71%,拨备覆盖率224.68%,处于行业较高水平,防风险能力进一步增强。兴业银行多年打造和培育的特色业务继续保持业内领先地位,令品牌优势进一步扩大。借力G20和国家政策的东风,绿色金融集团产品线更为丰富,绿色融资规模突破1万亿人民币,绿色金融领跑者形象在国内外进一步彰显;债务承销规模连续三年位居同类型股份制银行第一名、综合理财能力连续八个季度蝉联全国性银行冠军、资产托管规模稳居行业三甲、「大投行、大资管、大财富」业务市场影响力不断提升;养老金融业务发展迅猛,国内首个老年客群专属综合金融服务方案「安愉人生」品牌深入人心;同业金融尤其是「银银平台」试水「国际版」,全球知名度逐步打开、「钱大掌柜」、「掌柜钱包」等互联网金融品牌客户美誉度持续提升;收付、融资、财资「三大直通车」、「兴业管家」、「寰宇人生」出国金融等创新业务产品品牌也初露锋芒。此外,兴业银行以香港分行、自贸区分行为平台,加快国际化发展步伐,跨境金融业务发展迅速,综合化、多元化的金融服务能力在境内外客户中树立了良好的口碑和信誉,国际影响力和品牌价值亦稳步提升。在Brand Finance日前发布的「2017年度全球最具价值品牌500强排行榜」上,兴业银行排名亦较去年大幅上升80位,居全球品牌500强第129位。 Copyright 2017 亚太商讯. All rights reserved. www.acnnewswire.com

2017 China International Furniture Fair (Guangzhou) to Launch …

GUANGZHOU, China, Feb. 9, 2017 /PRNewswire-AsiaNet/ — World leading furniture fair, the 39th China International Furniture Fair (CIFF), will soon open at China Import and Export Fair Complex and Poly World Trade Centre Expo on March 18, 2017, in Guangzhou, China, showcasing the comprehensive lineup o…

徳光・木佐の知りたいニッポン~眠れる宝でふるさとを元気に! ディスカバー農山漁村(むら)の宝 (23ch)

平成26年からスタートした「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」。美しい景観や美味しい郷土食など、これまで埋もれていた農山漁村の「魅力=宝」を活用し、地域の活性化につなげる取組が行われています。こうした優良事例を日本全国に発信することで、自分たちの地域に埋もれている魅力や可能性の再発見につなげるのが狙いです。今回は、平成28年に選定された30の優良事例の中から、「地元の宝」を生かした様々な取組を、国立科学博物館館長で政府の「ディスカバー農山漁村の宝」有識者懇談会座長も務める林良博さんを交えて、詳しく解説します。

徳光・木佐の知りたいニッポン~眠れる宝でふるさとを元気に! ディスカバー農山漁村(むら)の宝 (23ch)

平成26年からスタートした「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」。美しい景観や美味しい郷土食など、これまで埋もれていた農山漁村の「魅力=宝」を活用し、地域の活性化につなげる取組が行われています。こうした優良事例を日本全国に発信することで、自分たちの地域に埋もれている魅力や可能性の再発見につなげるのが狙いです。今回は、平成28年に選定された30の優良事例の中から、「地元の宝」を生かした様々な取組を、国立科学博物館館長で政府の「ディスカバー農山漁村の宝」有識者懇談会座長も務める林良博さんを交えて、詳しく解説します。

徳光・木佐の知りたいニッポン~眠れる宝でふるさとを元気に! ディスカバー農山漁村(むら)の宝 (23ch)

平成26年からスタートした「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」。美しい景観や美味しい郷土食など、これまで埋もれていた農山漁村の「魅力=宝」を活用し、地域の活性化につなげる取組が行われています。こうした優良事例を日本全国に発信することで、自分たちの地域に埋もれている魅力や可能性の再発見につなげるのが狙いです。今回は、平成28年に選定された30の優良事例の中から、「地元の宝」を生かした様々な取組を、国立科学博物館館長で政府の「ディスカバー農山漁村の宝」有識者懇談会座長も務める林良博さんを交えて、詳しく解説します。